HSV、GKとDFの2選手退団を発表

元ドイツ代表GKフランク・ロストの新天地はNY
ハンブルガーSVが2選手の退団を公式に発表した。

今回退団が発表されたのは元ドイツ代表GKフランク・ロストとDFアレックス・シルバの2選手で、ロストは米国のニューヨーク・レッドブルズへ、A・シルバはフラメンゴへの移籍がそれぞれ決まっている。

38歳のロストはブレーメン、シャルケとプレーし、2007年にHSVに加入。4月の時点で退団を明言していたが、移籍先が決定したことによりクラブの退団が正式に発表された。

26歳のA・シルバは北京オリンピック銅メダルのブラジル代表のメンバーで、レンヌ、サンパウロを経て2008年にHSVに加入。昨年1月から古巣サンパウロに期限付きで移籍をしていたが、そのまま母国ブラジルでプレーすることとなった。