ルシオ、バイエルン復帰を狙っていた?

返事は「ノー」
インテルに所属するブラジル代表DFルシオは、この夏の移籍が噂されている。ドイツ『キッカー』によると、同選手はブンデスリーガ復帰を画策していたようだ。

報道によれば、ルシオは古巣バイエルン・ミュンヘンに復帰を打診していたという。ルシオ退団の原因となったルイス・ファン・ハール監督がチームを離れたため、バイエルンに戻ることができると感じたのかもしれない。ただ、バイエルンはすでにこのオファーを断ったようだ。

バイエルンがCB補強に動いているのは確実で、現在はマンチェスター・シティDFイェロメ・ボアテングの獲得を優先しているようだ。これが実現しなかった場合は、チェルシーDFアレックスやバルセロナDFガブリエル・ミリートを狙うものと思われている。マラガからオファーを受けているルシオのバイエルン復帰は難しそうだ。