ドルトムントのチャリティーマッチに奥寺氏ら参加

現役選手に加え、懐かしい名前も
ドルトムントは17日、震災に見舞われた日本のために、慈善試合を開催する。ドルトムントMF香川真司はもちろん、多くの日本人選手を含むチームとの対戦だ。

選抜チームには、ヴォルフスブルクMF長谷部誠や最終節でバイエルン・ミュンヘンからゴールを奪ったシュトゥットガルトFW岡崎慎司ら、ドイツでプレーする多くの日本人選手が参加する。

さらには、ドイツで長らく活躍した奥寺康彦氏や、Jリーグでプレーしたギド・ブッフバルト氏、フランク・オルデネビッツ氏ら“OB”も参加。指揮はピエール・リトバルスキー氏が執る。

この試合で得られた入場料収入などは、被災した東北地方などに寄付される。