シャルケMF:「マガトにキャリアをつぶされかけた」

アマチュアチームへの降格に怒り
シャルケMFアルベルト・シュトライトは、フェリックス・マガト前監督の下でキャリアを滅茶苦茶にされる恐れがあったと話している。

マガト前監督には、練習の厳しいルールに批判の声が上がり、選手からも不満が漏れていた。

シュトライトは前指揮官と衝突し、アマチュアチームへ降格させられていた。Goal.comドイツ版に対して、「あの男とは、二度と会いたくない。あいつは僕のキャリアを終わらせるところだった」と話した。

「僕のことを陰湿に脅していた。ほとんど2年間、僕はアマチュアチームで練習させられた。毎日、退団させられる恐れにさらされていた」

「ここ数カ月起こったことは、まったくもって不当なもので、間違っている」

この30歳の守備的MFは2008年にシャルケに加入していた。