フランクフルト、スキッベを解任

後任にダウム氏
フランクフルトはクラブの公式ウェブサイトで、ミヒャエル・スキッベ監督を成績不振により解任したと発表した。

シーズン前半戦では、来シーズンのヨーロッパカップ戦の出場権を狙える位置にいたフランクフルトだが、ウィンターブレイク後は結果を得られず、現在はリーグ14位まで順位を落としている。

スキッベ監督の後任には、シーズン終了までの暫定指揮官としてクリストフ・ダウム氏が指名されている。