準決勝敗退を嘆くファン・ハール

「大きな失望」
バイエルン・ミュンヘンのルイス・ファン・ハール監督は、2日に行われたDFBポカール(ドイツカップ)準決勝で0-1の敗戦を喫し、同大会からの敗退が決定したことに対する失望を述べている。

ファン・ハール監督は、82分にFWマリオ・ゴメスがペナルティーエリア内で倒された場面で、PKが与えられるべきだったと考えている。

「選手にとって大きな失望だ」とファン・ハール監督は試合後、『AP』に語った。

「これもフットボールだ。片方のチームはディフェンスし、カウンターからゴールを狙うだけだ」

「後半は力強いパフォーマンスだったが、不運だった。PKを与えられるべきだった」