クラフト、契約更新を拒否

ノイアー獲得に動くクラブへ抗議
バイエルン・ミュンヘンのGKトーマス・クラフトが、2013年まで契約を延長したいというクラブの申し出を断っていたことが明らかになった。

ドイツ『ビルト』が報じたところによれば、クラブがシャルケのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの獲得に動いていることを快く思っていないクラフトは、抗議の意味を込めて契約更新を断ったという。

クラフト自身も「ノイアーが加入するのであれば、私は出ていく」と語っており、バイエルンはクラフトを取るか、ノイアーを取るかを選択しなければいけない苦しい状況にいるようだ。