ドルトムント、ドイツ代表DFと契約延長

シュメルツァーが2014年までの新契約にサイン
今シーズンのブンデスリーガで首位を走るボルシア・ドルトムントが、高い評価を受けるドイツ代表DFマルセル・シュメルツァー(23)との交渉を終え、同選手との契約延長を発表した。

左サイドバックは2014年までの新契約にサイン。ツォルクSD(スポーツディレクター)は、契約延長の喜びを以下のように語っている。

「クラブの長期計画において、重要な選手であるシュメルツァーの将来を確保することができた。彼が長期の契約にサインしてくれたことを喜んでいるよ」とツォルクSDは、ドルトムントの公式ウェブサイトに語った。

2008年8月にトップチームデビューを果たした同クラブの下部組織出身のシュメルツァーは、次のようにコメントしている。

「ドルトムントと合意に達することができて本当にうれしい。ドルトムントが最優先だということに、少しの疑いもなかった」