ニュース ライブスコア

ヴォルフス、今冬にもゼコを放出か

ドイツ『ビルト』によると、ヴォルフスブルクは同クラブに所属するエディン・ゼコを今冬の移籍市場で放出する意思を持っているようだ。

ヴォルフスブルクのヘーネスGM(ゼネラルマネジャー)は、2013年まで契約を結んでいるゼコに対して、移籍金3000万ユーロの獲得オファーが届けば今冬にも放出することを検討しているという。

24歳のゼコは、今季終了後にヴォルフスブルクを退団する意思をすでに公言している。同選手は今季のブンデスリーガで降格圏内に位置しているヴォルフスブルクより、競争力が高いクラブに移籍することを望んでいるようだ。

ゼコはイタリアのクラブへの移籍を希望しているが、ヴォルフスブルクに移籍金3000万ユーロの獲得オファーを提示したクラブが、移籍先となる見方が強い。ゼコにはマンチェスター・シティやユヴェントスが獲得に興味を持っているとされる。