勝利とシュバイニー残留を喜ぶV・ハール

「彼の契約延長は最も重要なことだった」
バイエルン・ミュンヘンは11日、ブンデスリーガ第16節でザンクト・パウリと対戦し、ホームで3-0と勝利を収めた。快勝はもちろんだが、この日のバイエルンにとって最大の朗報となったのが、MFバスティアン・シュバインシュタイガーの契約延長だ。

試合後、ルイス・ファン・ハール監督はチームのパフォーマンスとシュバインシュタイガーの契約延長に喜びをあらわにした。

「私は長期の目標を持った指揮官だ。それゆえ、バスティアン・シュバインシュタイガーの契約延長は最も重要なことだった。このワールドクラスの選手がバイエルンに残留することになったのは、とても良い兆しだね」。シュバインシュタイガーはカストロールランキングで、チーム9番目の128位にランクされている。

「今日の試合はとても難しかった。だがそれでも、我々はとても良いプレーをしたよ。私は非常に満足している。ただ、チャンスの多くを生かすことができなかったね」

バイエルンは首位ドルトムントと勝ち点17差の5位。2010年最後のリーグ戦となる次節は、敵地でシュトゥットガルトと対戦する。