シュバインシュタイガーが契約延長

移籍の可能性が消滅
バイエルン・ミュンヘンは11日、ブンデスリーガ第16節ザンクト・パウリ戦に臨み、3-0の快勝を飾った。結果でホームのサポーターを満足させた後、MFバスティアン・シュバインシュタイガー(26)が、さらにファンを喜ばせる発表をしている。

試合後のインタビューに応じたシュバインシュタイガーは、「僕はクラブとの契約を延長した。2016年までの契約にサインしたよ。ずっとバイエルンと一緒だ!」と宣言した。

マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーへの移籍が噂されていたシュバインシュタイガーだが、今回の契約延長でしばらくはバイエルンに残ることが確実になっている。