ニュース ライブスコア

ブレーメン監督、GMと緊急会議

ブレーメンは21日にハノーファーとブンデスリーガ第5節を戦い、1-4で敗れていた。この試合の終了直後、ゼネラルマネジャー(GM)のクラウス・アロフス氏は、トーマス・シャーフ監督と緊急会議を行ったようだ。

ブレーメンはハノーファーに1-4と大敗。5試合でわずか1勝しか挙げられず、稼いだ勝ち点はわずかに4という状況だ。

「対戦相手のことをリスペクトするにしても、ハノーファーで我々は負けてはならなかった。特にこんなふうにはね」と、アロフスGMは語った。

また主将のトルステン・フリンクスも、『キッカー』のインタビューで語っている。

「僕らはまったくもってチームとして働けていない」

「僕らはすぐに話し合う必要がある。スピリットを見せることができていないんだ」

ブレーメンは次節、ハンブルクと対戦する。