「ゼコはシティに移籍すると思う」

代表チームメートが語る
ヴォルフスブルクに所属するFWエディン・ゼコは、ビッグクラブへの移籍が頻繁に取りざたされている。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表でゼコとチームメートのリヨンMFミラレム・ピアニッチは、仲間の移籍についてコメントした。

ピアニッチは、ゼコがマンチェスター・シティに移籍すると感じているようで、『ESPNサッカーネット』の中で次のように述べている。

「エディンはイングランドに行きたいと強く思っている。彼はトップクラスの選手だし、イングランドに行くべきだね」

「彼は最高のアタッカーの一人だ。彼には素晴らしい将来があるだろうし、僕は彼がイングランドに行くと思う。マンチェスター・シティは強いチームをつくっているところだね。彼はそのチャレンジに興味を持っているはずだよ。最終的に移籍するかもね。エディンは本当にマンチェスター・シティへ行きたいんだ」

また、自身のプレミアリーグ移籍についても語った。

「僕は自分のすべきことに集中している。移籍についての話し合いがあったことは知っているけど、僕は何も知らない。もちろん、イングランドでプレーしてみたい。リヨンを出るときはもっと大きなクラブに行きたいね。イングランドのクラブと、イングランドのリーグ戦は魅力的だね。でも、今はリヨンで良い感じだ。昨シーズンよりも良いシーズンにするため、ベストを尽くすよ」