バイエルン、V・D・ヴィール獲得決定を否定

ルンメニゲCEO:「具体的なことはない」
アヤックスに所属するオランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールの獲得に迫っていると報じられたバイエルン・ミュンヘン。だが、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOはこれを否定している。同CEOは「これまでに報道されてきたことは、でっち上げではない」としながらも、補強のための時間はまだあると話している。

「現時点では、具体的なこととしては何も言うことはできない。我々はまだ最終的な決断に達していないからだ。8月31日まで時間はあるんだよ」

「我々は常に、自分たちのチームに大きな自信を持っていると言ってきた。チームのすべてのポジションがうまくいっている。補強をするとしたら、DFになるだろうね」

バイエルンはベンフィカのポルトガル代表DFファビオ・コエントランにも関心を示していたが、ベンフィカが3500万ユーロという高額な移籍金を要求したため、獲得から撤退したと言われている。