マニシェが母国復帰へ

ケルン退団を発表
元ポルトガル代表MFマニシェ(32)が、所属していた1FCケルンとの契約を解除することで合意した。同選手は、スポルティング・リスボンと契約を結ぶために、ポルトガルへ帰国したと伝えられている。

ケルンはクラブの公式HPで、マニシェがポルトガルへ帰国するために6月30日にクラブを離れることで合意したと発表した。

マニシェの退団について、ケルンのマイヤーGM(ゼネラルマネージャー)は、次のようにコメントしている。

「彼は、彼の国であるポルトガルに、家族とともに戻りたいという願いを述べた。我々は会い、彼のリクエストに応えることを望んだ」

「我々はマニシェがケルンでしてくれた仕事に感謝している。彼と彼の家族の成功を祈っているよ」