ニュース ライブスコア

ルシオがファン・ハール監督を批判

インテルへ移籍したブラジル代表DFルシオが、ドイツ『キッカー』に対し、古巣バイエルン・ミュンヘンと同クラブのルイス・ファン・ハール監督の扱いに不満を露わにしている。

「どんな監督も自分の考えを持っているもので、それは普通のことだ。でも、僕が退団することになったそのやり方は、敬意を欠いていたものだった」

「監督が決定を下す前に、僕と直接話してくれればよかったんだけどね。僕はもっと敬意を払ってもらってふさわしかったはずだと思う」

一方、ルシオは新天地インテルについて次のように話し、イタリアで現役を引退する考えだと明かした。

「ドイツにもブラジルにも戻らない。イタリアで、インテルで、僕は現役を終えるよ」