鈴木大輔のスペイン移籍が決定 2部ナスティックと今季終了時までの契約を結ぶ

スペイン2部のヒムナスティック・タラゴナは、柏レイソルに所属していたDF鈴木大輔(26)を獲得したことを発表している。

この数日、鈴木を練習参加させていたナスティックは最終的に同選手と今季終了時までの契約で合意に至っている。また、この契約には2年の契約延長というオプションが付けられているようだ。

鈴木はすでにメディカルチェックを受け、サインを済ませている。国際移籍証明書が届き次第、ビセンテ・モレノ監督が同選手を招集することが可能となる。

ナスティックは現在リーガエスパニョーラ2部で4位に位置。2位以内なら自動昇格、3位から6位のチームが1枠を争うプレーオフに進出する中、1部昇格への可能性を十分に残している。