ファルカオにインテルが興味? 年俸カットを条件に獲得に動くか

セリエAで今後も優勝を争うための切り札となるのだろうか。チェルシーのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオに、インテルが興味を示しているとイギリス『デイリー・メール』が伝えている。

昨季はモナコからのレンタル移籍で、マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたファルカオは、期待されたような活躍を見せられず、今季はチェルシーにレンタル移籍している。しかし、ここでも低調なプレーが続いており、批判にさらされている。

ファルカオはかつての調子を取り戻すため、より多くの出場機会を得られるクラブを望んでいるとされており、1月の移籍市場での移籍が噂されている。先日はフィオレンティーナが獲得に興味を示しているという報道があったが、同じセリエAからインテルの名前も浮上してきた格好だ。

ただし『デイリー・メール』は、ファルカオが年俸を下げられるかどうかが、インテルが獲得に動く条件の1つだと報じている。現在チェルシーでは週給14万5000ポンド(約2700万円)を受け取っているが、これを大幅にカットできれば移籍の可能性が広がるという。

今季CLにもヨーロッパリーグにも出場していないインテルは、限られた予算での強化が求められる。トップフォームを取り戻せるかどうかは賭けでもあるが、諸条件をクリアしてのセリエA行きとなるかが注目される。