イブラヒモビッチ、移籍への憶測が加速 古巣ミランが争奪戦をリード?

パリ・サンジェルマン(PSG)FWズラタン・イブラヒモビッチは、この夏PSGを去ることになるのだろうか? フランス王者のエースの動向が注目を集めている。

イブラヒモビッチも出場した1日のフランス・スーパーカップで、PSGはリヨンに2-0の勝利。早くも今シーズンの初タイトルを手に入れた。

イブラヒモビッチはこの試合後に、「これがPSGでの最後の試合になったかもしれない」「今週重要な決断を下さなければならない」と発言したとも一部で伝えられた。だが発言の出どころは定かではなく、実際に同選手がそう発言したかどうかは強く疑われている。

とはいえ数日前には、イブラヒモビッチが自身の去就について冗談交じりではあるが「大きなサプライズ」があるかもしれないと口にしていたのは事実。移籍に向けた憶測が強まりつつある状況だ。

古巣ミランがイブラヒモビッチの復帰を夢見ていることは以前からたびたび報じられていた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ガラタサライやフェネルバフチェが同選手に関心を抱いている可能性があるとしながらも、それらのクラブを抑えてミランが優位に立っていると伝えた。

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙っているという噂や、MLS移籍の可能性なども取りざたされている。今後もイブラヒモビッチの動きから目を離すことはできない。