エスパニョール、カシージャの後釜を確保 インテルからバルディをレンタル

エスパニョールは25日、インテルからGKフランチェスコ・バルディ(23)を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

バルディは1年間のレンタルでの加入となり、完全移籍のオプションがつけられる。すでにメディカルチェックをパスし、サインを済ませたと伝えられている。

U-21イタリア代表の正GKも務めていたバルディは、2011年にリヴォルノからインテルに加入。そのままレンタルでリヴォルノにとどまり、セリエBで経験を積むことになった。

同じくセリエBのノヴァーラへのレンタルを経て、2013-14シーズンには再びレンタルでリヴォルノに戻り、セリエAでレギュラーとして1年間プレー。昨季はAのキエーヴォにレンタルされ、開幕当初は先発を任されたが、その後ポジションを失っていた。

エスパニョールは昨季までの守護神キコ・カシージャがレアル・マドリーへ移籍。バルディはその穴を埋めることができるだろうか。