カカーのオーランド移籍が正式発表

サンパウロへのレンタル移籍も
2015年からアメリカ・MLSに参戦するオーランド・シティは1日、クラブの公式ウェブサイトで、元ブラジル代表MFカカー(32)を獲得したことを発表した。複数年契約となっている。

昨年夏にレアル・マドリーからミランに復帰したカカーだが、先日ミランとの契約解消が発表。オーランド・シティ移籍、さらにMLS参戦まで古巣サンパウロにレンタル移籍することが既定路線となっていた。オーランド・シティは、カカーがサンパウロに6カ月レンタル移籍することも認めている。

ミランでバロンドールを受賞するなど、数々のタイトルを獲得したカカーは、古巣となったミランのサポーターに対し、「背番号22を着ることはない」と話していた。

MLSはこの夏、オーランド・シティと同じく2015年から参戦するニューヨーク・シティが、スペイン代表FWダビド・ビジャを獲得している。また、ニューヨーク・シティはチェルシー退団が決まったMFフランク・ランパードを獲得するとも言われている。