ニュース ライブスコア

アイルランド代表、オニールが新監督 アシスタントはR・キーン

アイルランドサッカー協会(FAI)は5日、代表監督にマーティン・オニール氏(61)、アシスタントコーチにロイ・キーン氏(42)が就任したことを発表した。

アイルランド代表は9月、2008年からチームを率いていたジョヴァンニ・トラパットーニ前監督が退任。後任を探していたFAIが選んだのは、当初から名前が挙がっていたオニール氏とキーン氏の2人だった。

オニール氏は2000年から2005年までセルティックを率い、3回のリーグ優勝など数々のタイトルをもたらし、2003年にはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)決勝へとチームを導いた。その後、アストン・ヴィラでも3年連続プレミアリーグ6位と好成績を残している。

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元アイルランド代表のキーン氏は、引退後に指導者の道へ進み、サンダーランドを就任1年目でプレミアリーグに昇格させる快挙を達成した。

アイルランドは2014年ワールドカップ予選でグループCの4位に終わり、本大会出場を逃している。EURO2016出場を目指すオニール新体制の初戦は、15日のラトビアとの国際親善試合だ。