オニェウ、トゥエンテへの完全移籍はなし

ミラン復帰か、他の道を探すか
シーズン後半をオランダで過ごしたトゥエンテDFオグチ・オニェウだが、ひとまずレンタル元のミランに戻ることになりそうだ。トゥエンテは、完全移籍への移行を望まなかった。

このアメリカ代表DFは今季の6カ月をトゥエンテでのプレーに充てた。14試合に出場していたが、ミハエル・プルドム監督は、完全移籍での獲得は見送ったようだ。

オニェウが来季はトゥエンテでプレーしないことを、同クラブが公式サイト上で発表した。オニェウは今後、ミランへ戻るか、それともほかで挑戦するかを決断しなければならない。

オニェウはミランへ加わって以降、試合出場の機会をつかむことが難しかった。ミランにはタイェ・タイウォやフィリップ・メクセスなど、新たなDFが加わることになるが、果たして彼の決断は…。