カイト獲得にメクセスを譲渡?

現金が足りないローマの苦肉の策
ローマはリヴァプールFWディルク・カイトを欲しているが、資金が足りない。そこで1月の獲得に向け、フィリップ・メクセスを差し出すという。

カイトはユーティリティー性に優れており、ウィングやストライカーとしてプレー可能。トリゴリアでも重宝されることだろう。

現在の評価額は1200万ユーロ。ローマは現金では持ち合わせていない金額だ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、そこでメクセスが交換要因になると報じている。

カイトにはかつてともに戦ったラファ・ベニテス監督が率いるインテルへの移籍話も浮上していた。果たして、イタリア行きは実現するのか?