フンテラール、レンタルでのトッテナム行きはなし

ミランは完全移籍を望む模様
ミランFWクラース・ヤン・フンテラールを欲していたトッテナムだが、レンタル移籍での取引はミランに拒否されたようだ。

スパーズはこの50年間で初めてチャンピオンズリーグを戦うにあたり、フンテラールの移籍に興味があるとみられている。

フンテラールはミランで高い評価を受けられない時間を過ごしており、印象を残すことができなかった後でクラブを離れることになると考えられていた。

ミランがFWズラタン・イブラヒモビッチを手にしたこともあり、イギリス『サン』はミランがレンタル移籍を拒否し、もっとしっかりしたオファーを求めたと報じている。これを受けて、スパーズは1350万ユーロでの完全移籍を狙うことになるとみられている。

また、フンテラールの移籍が成立した場合、ロビー・キーンのチームでの立場はあやういものになり、セルティックへ2度目のレンタル移籍をすることになるのではないかとみられている。