「マンチェスターが興味を持っているのは確か」

バロテッリ代理人、ユナイテッドとシティからの関心を認めつつ…
マンチェスター・ユナイテッドは、インテルのFWマリオ・バロテッリと契約しようと躍起になっている。だが、バロテッリの代理人を務めるライオラ氏は、詳細を明らかにしようとしない。

「私の居場所は妻にだけ伝える。もちろん私は仕事上の理由でたくさん動き回り、8月30日までに相当な旅をすることになる」と、噂されるマンチェスターへの旅について『Calciomercato.it』に語った。

「マンチェスターの街に関心が渦巻いているのは事実だ。両クラブとも、それは認めている。バロテッリは、(アレックス・)ファーガソンが狙ってくれていることを喜んでいるよ。だが私たちは、インテル残留も、他のクラブへの移籍も除外することはできない」

「落ち着いて動き、少しずつ状況判断をしようとしている」

『コッリエレ・デッロ・スポルト』では以前、ライオラ氏が要求を知らせるためにユナイテッドとシティを訪れたと報じていた。また、インテルの要求額は4000万ユーロだとも伝えていた。

インテルのラファエル・ベニテス監督は、バロテッリについて「彼は重要な選手だ」と話しているが…。