ニュース ライブスコア

“次世代のドログバ”、今夏の移籍はなし

アンデルレヒトに所属する16歳のベルギー代表FWロメル・ルカクが、夏の移籍市場でベルギーのクラブを離れるつもりはないと明らかにした。

ミラン、レアル・マドリー、チェルシー、そしてアーセナルを含むヨーロッパ中のクラブが同選手に関心を示している。しかし16歳の怪物は、あと2年間は家族のそばで暮したいと考えているようだ。

「多くのクラブが興味を持ってくれていることは知っているよ」とルカクは、『スカイスポーツ』に語った。

「でも、僕の移籍はしばらく先になるだろうね。まだ成長しなければいけないし、家族の近くにいたいから」

「18歳になってから、新しいチームを探すと思う」

今シーズン15ゴールをマークしたルカクには、今週初め、ミランが1500万ユーロの移籍金を用意していると報じられていた。