ニュース ライブスコア

シャルケに8人を手放す可能性

ドイツ『ビルト』によると、財政面の問題に直面しているシャルケが、主力選手8人を手放す事態に陥る可能性があるという。

シャルケは現在、財政的な問題に悩まされている。今回の報道では、今冬の移籍市場などで、ラフィーニャら8人がクラブを去る可能性が指摘されている。

ラフィーニャのほか、ケビン・クラニー、イヴァン・ラキティッチ、アルベルト・シュトライト、ジェラルド・アサモア、ハリル・アルティントップ、ビセンテ・サンチェス、レヴァン・コビアシュヴィリが、その8人であるという。

ユヴェントス、ミラン、バイエルン・ミュンヘンといったクラブが、ラフィーニャの移籍先として噂されてきた。これらのクラブは、彼らにとってまたとないこのチャンスに、好DF獲得を狙うだろう。

ラキティッチもここ2カ月ほど、多くのセリエAのクラブへの移籍の可能性が取りざたされてきた。ユヴェントス、インテル、パレルモが、このプレーメーカーを狙っているとされている。

クラニーの現行の契約は2010年夏で終了する。だがクラブにはクラニーの望みに見合う新契約を結ぶことは難しく、彼の移籍は避けられないとみられている。