グロッソ獲得、ナポリがリード?

左サイドの強化を狙う

リヨンのイタリア代表DFファビオ・グロッソ獲得をめぐり、ナポリはユヴェントスとのレースに勝とうしている。フランス『レキップ』が伝えている。

ナポリのスポーツ・ディレクターであるマリーノ氏は今夏、デ・ラウレンティス会長からグロッソ獲得を命じられていた。フランスからの報道では、リヨンはポルトのDFアリ・シソコ獲得が目前で、グロッソを移籍させる準備を進めているという。

ナポリは当初、ユーヴェのパオロ・デ・チェリエの獲得は狙ったが、彼は移籍を拒否。ドナドーニ監督が左サイドの強化を狙っており、その計画へと準備している格好だ。

ユーヴェはFWダヴィド・トレゼゲを交換要員にしようとしていたが、これは失敗。その後はフェリペ・メロ獲得に集中したが、いまだにグロッソも狙い続けていると噂されている。