いまだにエトーを狙うミラン

ガッリアーニ副会長が語る

ミランのガッリーアニ副会長は補強の狙いについて口を開き、いまだ持つエトーへの強い関心について語った。

ミランはカカーを売った金でレアル・マドリーのクラース・ヤン・フンテラールと、セビージャのルイス・ファビアーノ獲得を狙ったが、それは果たせずにいる。公式サイトで語った。

「今回の移籍市場で、ミランはフンテラールとファビアーノを狙った」

「だがマーケットにはレアル・マドリーの浪費によってカギがかけられ、市場の価格は倍にはね上がった」

こう嘆いたが、エトーはいまだクラブが強い関心を払っている選手であることを認めている。

「エトー? 関心を持っていることは否定できないね」としつつ、「エトーは多くの金をつぎこまねばならない重要な選手だ。我々は帳簿のバランスを取らねばならない。なぜならば、我々は会社組織であるからだ」