thumbnail こんにちは,
ライブ

親善試合

  • 2012年11月15日
  • • 4:30
  • • Friends Arena, Solna
  • 主審: S. Moen
  • • 観客: 49967
4
終了
2

ジェラード100キャップ達成も、イブラヒモビッチの4発に屈す

ジェラード100キャップ達成も、イブラヒモビッチの4発に屈す

Getty Images

スウェーデンが4ー2でイングランドに勝利

14日に行われた国際親善試合、スウェーデン対イングランドの一戦は、4ー2でホームのスウェーデンが勝利を収めた。

イングランドはジェラードが先発メンバーに名を連ね、代表100キャップに到達。スターリングとオズマンは先発出場で代表デビューを飾った。

いまいち攻撃がかみ合わないイングランドは、序盤からチャンスをつくるのに苦労する。すると、ホームのスウェーデンが20分にカウンターで先手を取った。自陣左サイドでスターリングからボールを奪ってカウンターを仕掛けると、左サイドからクロスが上がり、イブラヒモビッチがシュート。これはDFに当たってしまうが、こぼれ球を再度イブラヒモビッチがシュートし、ゴールネットを揺らした。

イングランドは26分に同点のチャンスを得る。ペナルティーエリア右でスターリングからパスを受けたウェルベックがマイナスに落とすと、グレン・ジョンソンがシュート性のクロスを入れた。このボールにゴール前でクレバリーが合わせるも、ゴールのわずか左に外れる。

その後はスウェーデンのチャンスが目立つ展開になった。31分には、イングランドにGKとDFの連係ミスがあり、ゴール前でスウェーデンに絶好機が訪れた。しかし、ラネギエがフリーで放ったシュートは、クロスバーを越えて追加点にはならない。

ピンチの後にチャンスあり。イングランドは35分に試合をふりだしに戻す。左サイドを縦に突破したヤングがクロスを入れると、ファーサイドでフリーになっていたウェルベックが右足で合わせて、同点弾を挙げた。

勢いに乗るイングランドは、38分に逆転弾を決める。ペナルティーエリア右手前からのFKをジェラードがファーサイドに送ると、コーカーが決めて2ー1とした。

後半に入るとしばらく試合がこう着するが、互いに交代枠を使い始めた終盤に激しくスコアが動いた。

78分、スウェーデンは中盤でボールを持ったスヴェンソンがイブラヒモビッチの動き出しを見逃さず、浮き球のスルーパスを送った。抜け出したスウェーデンのエースは、しっかりとチャンスを生かして、2ー2となる。

84分には、イブラヒモビッチがハットトリックを達成。やや距離のあるFKを直接狙うと、意表を突かれたハートの反応が遅れて、逆転ゴールが決まった。

ハットトリックのイブラヒモビッチは止まらない。アディショナルタイムの4点目はスーパーゴールになった。相手GKハートがペナルティーエリアから出てヘディングでクリアを狙うと、イブラヒモビッチがこのボールに反応。ゴールに背を向けて落下点に入ったイブラヒモビッチは、ダイレクトでオーバーヘッドを放ち、見事ゴールの枠内に沈めた。

イブラヒモビッチ一人に4ゴールを許してしまったイングランドは、ジェラードの代表100キャップ記念試合を白星で飾ることができなかった。

関連