thumbnail こんにちは,
ライブ

FIFAワールドカップ欧州予選

  • 2013年3月27日
  • • 4:45
  • • タカーリ・ナショナル・スタジアム, Ta'Qali
  • 主審: S. Gözübüyük
  • • 観客: 17011
0
終了
2

バロテッリ2発! イタリア、4連勝で首位快走

バロテッリ2発! イタリア、4連勝で首位快走

Getty Images

好調のエースがPK含む2ゴール

26日に行われたワールドカップ欧州予選グループB、マルタ対イタリアの一戦は、2-0でアウェーのイタリアが勝利を収めた。

イタリアはプランデッリ監督がジャッケリーニとチェルチの起用を決めかねていたが、選ばれたのは前者だった。バロテッリとエル・シャーラウィの若手コンビのトップ下に入る。また、21日のブラジル戦に続き、若手のデ・シリオが左サイドバックで先発した。

8分、イタリアは幸先よく先制に成功する。ペナルティーエリア内でエル・シャーラウィが倒され、PKを獲得。これをバロテッリが冷静に沈め、早い時間帯にリードを奪う。これで楽な展開になるかと思われた。

だが16分、イタリアはマルタに絶好機を許してしまう。ブッフォンがスケンブリを倒し、逆にPKを与えてしまった。だが、ミフスドのPKをブッフォンがセーブ。自らピンチをしのぎ、リードを保つ。それでも、20分にはミスフドのミドルシュートがクロスバーを叩き、イタリアは肝を冷やされ続けた。

思わぬ苦戦を強いられたイタリアだが、前半終盤にかけて徐々に再び盛り返すと、45分に追加点を奪う。ボヌッチのフィードで左サイドの裏を突いたデ・シリオが、敵陣深くから折り返すと、これにバロテッリが合わせてネットを揺らした。

良い時間帯に2ゴールを奪って後半を迎えたイタリアは、54分にも絶好機。右サイドをアバーテが突破すると、この折り返しにジャッケリーニが合わせる。だが、ワントラップしてからのシュートは、相手GKに阻まれた。

3点目を逃したイタリアだったが、その後は試合をコントロール。前線の3人をカンドレーヴァ、チェルチ、ジラルディーノと交代させ、守備も無失点で逃げ切った。イタリアは4連勝。5試合を消化して勝ち点13とし、首位を快走している。

グループBのそのほかの試合では、ブルガリアがデンマークと敵地で1-1とドロー。勝ち点3差で消化が1試合少ないイタリアを追っている。チェコはアルメニアを3-0と下し、勝ち点8で3位に付けている。

関連