thumbnail こんにちは,
ライブ

セリエA

  • 2013年5月12日
  • • 1:00
  • • アリアンツ・スタジアム, Torino
  • 主審: G. Calvarese
  • • 観客: 38933
1
終了
1

王者ユーヴェ、連勝は9でストップ 勝ち点記録更新もならず

王者ユーヴェ、連勝は9でストップ 勝ち点記録更新もならず

Getty Images

ホームでカリアリと1-1

11日に行われたセリエA第37節、ユヴェントス対カリアリの一戦は、1-1のドローに終わった。

連覇を決めてお祭りムードのユヴェントスは、出場停止のピルロに加え、ブッフォンも前節に続いて出場せず。だが、勝ち点記録更新を目指すユーヴェは、12分にビダルの強烈なミドルシュートがGKアガッツィを襲い、先制に迫る。

ところがその直後、カリアリが個人技で均衡を破った。イバルボが見事なドリブルでマルキージオとバルザーリの間を突破。ペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つと、ボールはGKストラーリの手を弾いてからゴールに転がり込んだ。

この直後に負傷でバルザーリを下げたユヴェントスは、なかなかチャンスをつくれず。だが34分、ジョヴィンコがFKから直接狙う。しかし、これは惜しくもクロスバーを直撃。ユヴェントスはビハインドを背負ったまま前半を終えた。

勝利で優勝祝いを迎えたいユヴェントスは、後半に入って攻勢を強め、52分にはジョヴィンコを下げてヴチニッチを投入する。54分には、ジャッケリーニがペナルティーエリア付近で勝負を仕掛け、右足シュートを放つが、再びアガッツィにセーブされた。

だが、61分にユヴェントスが試合を振り出しに戻すことに成功する。ジャッケリーニのパスを受けたマルキージオが、左サイドの深い位置から緩いクロスを上げると、ファーに飛び込んだビダルが頭で落とす。すると、アガッツィが触れきれなかったボールを、ヴチニッチが難なく押し込んだ。

しかし、その後が続かない。71分にマトリに代えてクアリアレッラも投入すると、その2分後にイスラが鋭いミドルシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上へ。そのままゴールを奪えなかったユーヴェは、アディショナルタイムにペナルティーアークでヴチニッチがシュートチャンスを手にするが、これも枠をとらえなかった。

結局、追加点を奪えなかったユヴェントスは、連勝が9でストップ。勝ち点1を積み上げるにとどまり、新記録樹立の夢はついえた。

セリエAのライブ&オンデマンドは DAZN.com で。

関連