thumbnail こんにちは,
ライブ

UEFAヨーロッパリーグ

  • 2012年4月27日
  • • 4:05
  • • サン・マメス, Bilbao
  • 主審: M. アトキンソン
  • • 観客: 37000
3
終了
1

合計4 - 3でアスレティック・ビルバオが勝利

ビルバオ、スポルティングを下してEL決勝へ

ビルバオ、スポルティングを下してEL決勝へ

Getty Images

ジョレンテが1ゴール2アシスト

26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグ、アスレチック・ビルバオ対スポルティング・リスボンの一戦は、3ー1で終了した。この結果、2試合合計スコアは4ー3となり、ビルバオの決勝進出が決まっている。

敵地でのファーストレグに1ー2で負けていたビルバオは9分、ペナルティーエリア内でジョレンテがロングボールを受けて反転シュート。11分には、ムニアインも惜しい場面をつくり、立ち上がりから好機をつくる。

17分には、先制点が決まった。右サイドからムニアインがクロスを入れると、ジョレンテが胸で後方にパス。このボールを受けたスサエタが左足で決めて、1ー0となった。

アウェーゴール差で追う立場となったスポルティングは、先制された後にチャンスをつくっていく。すると44分、CKからファン・ヴォルフスヴィンケルが押し込んで、1ー1となった。

再びビハインドを背負ったビルバオは、即座に反撃。ジョレンテが見事な反転で前を向くと、すぐさまペナルティーエリア左にスルーパスを通し、イバイがGKとの1対1を制した。

2試合合計スコアでタイとなって迎えた後半は、互角の戦いが続く。アトレティコは枠内にシュートを飛ばすものの、勝ち越しゴールはなかなか決まらなかった。

両チームが延長戦を考慮し始めた終盤、試合が再び動いた。88分、イバイがペナルティーエリア左でパスを受け、深い切り返しでDFをかわして縦に突破。ニアにグラウンダーのクロスを入れるとジョレンテが押し込み、3ー1。2試合合計4ー3で、ビルバオの決勝進出が決まった。

同時刻に開催された準決勝もう1試合はアトレティコが勝ち上がりを決めた。決勝戦は5月9日、ルーマニアのブカレストで開催される。

関連