thumbnail こんにちは,
ライブ

親善試合

  • 2012年3月1日
  • • 5:30
  • • ラ・ロサレダ, Málaga
  • 主審: A. Treimanis
  • • 観客: 25000
5
終了
0

スペイン、ソルダードのハットなどでベネズエラに大勝

スペイン、ソルダードのハットなどでベネズエラに大勝

Getty Images

カシージャスはV・D・サール氏の記録に並ぶ

29日の国際親善試合、スペインはホームでのベネズエラ戦で5-0の大勝を収めた。この試合が公式戦600試合目のスペインは、通算成績を342勝118敗140分けとしている。

サロモン・ロンドン(マラガ)、ミク(ヘタフェ)、そしてU-19スペインでEUROを勝ち取ったアモレビエタ(アスレチック・ビルバオ)と、リーガ所属選手擁するベネズエラをマラガの本拠地ラ・ロマレダに迎えたスペイン。フェルナンド・ジョレンテをトップに置く4-3-3で立ち上がりから主導権を握ると、37分にセスクのアシストからイニエスタがシュートを決めて先制に成功する。40分にはシルバがセスクとのワン・ツーからネットを揺らし、2点差で前半を終えた。

ハーフタイム、デル・ボスケ監督はイニエスタをカソルラ、そしてF・ジョレンテをソルダードに代える。すると49分、ベネズエラのクリアミスからセスク、シルバ、カソルラと鮮やかにボールをつなぎ、ソルダードが代表初得点を記録。ソルダードはその3分後にも、アルベロアのグラウンダーのグラウンダーのクロスからゴールを決めた。4点差としたデル・ボスケ監督はシャビ・アロンソ、シルバ、セルヒオ・ラモスを下げて、シャビ、ヘスス・ナバス、プジョールをピッチに立たせた。

65分にはアモレビエタが、U-19スペインのチームメートだったソルダードをエリア内で倒して退場に。ソルダード自身がキッカーを務めたPKは止められたものの、数的優位を生かしてベネズエラをさらに押し込む。デル・ボスケ監督は75分、セスクとの交代でムニアインを代表デビューさせ、勢いを維持する。そして83分、ソルダードがジョルディ・アルバのクロスを押し込んでハットトリックを達成。その後ムニアインが決定機を迎えるなど、終始ベネズエラを圧倒して試合を終えた。

なお、128試合目の代表戦出場を果たしたGKカシージャスは、代表の無失点試合数で元オランダ代表GKファン・デル・サール氏の72試合に並んだ。元フランス代表DFテュラム氏が保持する代表最多勝利記録94勝にも、あと1勝に迫っている。

関連