thumbnail こんにちは,
ライブ

明治安田生命J1リーグ

  • 2012年10月6日
  • • 15:30
  • • エコパスタジアム, Fukuroi
  • 主審: J. Iida
  • • 観客: 28745
0
終了
1

磐田対清水:勝ち点差1で迎える白熱の静岡ダービー

磐田対清水:勝ち点差1で迎える白熱の静岡ダービー

Oleole.com

J1第28節プレビュー


サッカー王国の名を懸けて、今季2度目の静岡ダービーが行われる。若き指揮官の下で現在4位と好調を維持する磐田に対し、9月に一時期調子を落とした6位の清水。しかし、その差はわずか勝ち点1。ライバルを蹴落とし、団子状態となっている中位を抜けだして、上位3強を追うためにはどうしても勝ち点3が必用。そのためには是が非でも落とせない一戦となる。

4月に行われた前回対戦では、ホームの清水が3ー2で磐田を下している。しかし、磐田がホームとなった場合では、2008年から昨年まで4連勝中という圧倒的なデータが残っている。それだけに、磐田としてはこのホームアドバンテージを最大限に生かし、前回対戦のリベンジを果たしたいところだろう。

また、両チームともダービーを目前にして離脱していた主力選手が怪我から戻るなどポジティブなデータが出てきている点にも注目したい。ホームの磐田はCBチョ・ビョングクが9試合ぶりに先発復帰することが濃厚。開幕から守備を引っ張ってきたこの韓国人DFは、守備組織の強化だけでなく高さを生かしたセットプレーでの得点(現在リーグ通算6得点)も期待できるだけに、この大一番での復帰は心強いだろう。

また、アウェイへ乗り込む清水にしても、右サイドバックの吉田が8試合ぶり、左FWの高木が4試合ぶりと、やはりここまでチームを引っ張ってきた攻守の主力が先発復帰となりそうだ。それだけに、ベスト布陣に近いメンバーで大一番を迎えることができる両チームのサポーターにとって、この週末の静岡ダービーは応援に相当な熱が入ることは間違いないだろう。


文/飯竹友彦
1973年生まれ。平塚市出身。出版社勤務を経てフリーの編集者・ライターに。同時に牛木素吉郎氏の下でサッカーライターとしての勉 強を始め、地元平塚でオラが街のクラブチームの取材を始める。日韓W杯の年、神奈川県サッカー協会の広報誌制作にかかわったのをきっかけに取材の幅を広 げ、カテゴリー を超えた取材を行っている。「EL GOLAZO」で、湘南ベルマーレと清水エスパルスの担当ライターとして活動した後、現在は思いつくまま気の向くままに、さまざまな現場に出没中。

最近5試合

対戦成績

ジュビロ磐田

清水エスパルス

勝利
2
1
2
勝利

予想

ユーザー予想

Júbilo Iwata JÚB
Júbilo Iwata ジュビロ磐田
ドロー
Shimizu S-Pulse SSP
Shimizu S-Pulse 清水エスパルス
56%
42%

トップ3予想

Júbilo Iwata JÚB
2 - 1
Shimizu S-Pulse SSP
Júbilo Iwata JÚB
2 - 0
Shimizu S-Pulse SSP
Júbilo Iwata JÚB
1 - 2
Shimizu S-Pulse SSP

関連