thumbnail こんにちは,
ライブ

ラ リーガ

  • 2011年10月17日
  • • 1:00
  • • シウダ・デ・バレンシア, Valencia
  • 主審: Cesar Muniz Fernandez
  • • 観客: 13108
3
終了
0

マラガ、レバンテ旋風に屈する

マラガ、レバンテ旋風に屈する

サラゴサはH・ポスティガ2発でソシエダ撃破

16日のリーガエスパニョーラ第8節、マラガはアウェーでのレバンテ戦を0-3で落とした。今季2敗目を喫したマラガは5位に順位を落とし、5連勝のレバンテはバルセロナとともに首位をキープしている。

ボールを保持して試合を進めたいマラガだったが、積極的に攻撃に出たレバンテを相手に苦しい展開を強いられ、14分に失点を喫する。フアンフランのクロスをバルケーロに叩かれると、これがマレスカの足に当たりゴールに吸い込まれた。その後、反撃に転じたマラガはカソルラ、ホアキンが立て続けに決定機を迎えるが、シュートはGKムヌアの好守に阻まれた。

そして27分、マラガのGKウィリー・カバジェロが、エリア外でボールを手で触り1発退場に。ペジェグリーニ監督はマレスカを下げてGKルベンを投入したが、このレバンテのフリーキックからフアンルに点差を広げられた。さらに40分には、フアンフランのロングボールをルベンがつかみ損ね、ルーズボールを拾ったコネに再びゴールを割られた。

後半、ペジェグリーニ監督はファン・ニステルローイ、カソルラを下げてロンドン、セバ・フェルナンデスを投入。決死の攻撃に打って出ようとするが、前線に人数を割かずに安全にボールを回すレバンテを前にスペースを見つけられない。コネや途中出場のエル・ハザルらの個人技による攻撃にも苦しみ、一矢を報いることもできずに試合終了を迎えた。

サラゴサ対レアル・ソシエダは2-0でサラゴサが勝利。サラゴサは開始10分にエウデル・ポスティガの加入後初ゴールとなる豪快なバイシクルシュートで先制。54分にもポンシオのスルーパスからH・ポスティガがゴールを決め、その後のソシエダの反撃を凌ぎ切った。

ラージョ対エスパニョールは1-0でエスパニョールが勝ち点3を獲得した。エスパニョールの決勝点が生まれたのは55分。フォルリンのスルーパスをエリア内で受けたロマリッチが、GKダニが守るゴールを破った。

関連