thumbnail こんにちは,
ライブ

ラ リーガ

  • 2011年1月10日
  • • 3:00
  • • サンティアゴ・ベルナベウ, Madrid
  • 主審: ダビド・フェルナンデス・ボルバラン
  • • 観客: 63000
4
終了
2

マドリー、苦しみながらもC・ロナウド3発で逆転勝利

マドリー、苦しみながらもC・ロナウド3発で逆転勝利

カカーは復帰初ゴール

9日に行われたリーガエスパニョーラ第18節、レアル・マドリー対ビジャレアルの一戦は、4-2でホームのマドリーが勝利を収めた。

良いスタートを切ったのは、アウェーのビジャレアル。開始7分、エリア内に抜け出したカニが先制点を奪うと、その直後にC・ロナウドに同点弾を許してしまうが、18分にはマルコ・ルベンのループシュートでリードを手にした。

その後もビジャレアルの流れで試合は進んだものの、前半ロスタイムにシャビ・アロンソのフリーキックにC・ロナウドが合わせ、マドリーが同点に追いついてハーフタイムを迎える。すると、後半はマドリーの攻撃が目立つ展開となった。

マドリーの逆転ゴールが生まれたのは79分のことだった。70分からピッチに投入されたカカーがクロスボールを入れると、エリア内でC・ロナウドが粘って反転シュート。エースがハットトリックを達成し、マドリーがこの試合初のリードを奪う。すると、その3分後には、C・ロナウドのクロスからカカーのゴールが決まり、マドリーの勝利が確実になった。

3位ビジャレアルの敗戦で差を詰めるチャンスが訪れた4位バレンシアは、同じバレンシアに拠点を置くレバンテとアウェーで対戦し、1-0で勝利した。バレンシアは27分にPKのチャンスを得るが、マタが枠を外してしまいゴールならず。74分にはマタのフリーキックがきわどいコースを襲ったが、クロスバーに弾かれてしまい、これも先制点にはならなかった。それでも83分、そのマタがオフサイドラインぎりぎりで飛び出してチャンスを迎えると、GKとの1対1を制して待望の先制ゴールを獲得。敵地で勝ち点3をつかみ、ビジャレアルとの勝ち点差を2としている。

上位をうかがう5位エスパニョールは、ホームで降格圏のサラゴサに4-0と快勝。アルメリアとホームで対戦したマジョルカも、大量4得点で4-1の勝利を飾った。ラシン・サンタンデール対スポルティング・ヒホンは1-1のドロー。ヘタフェはオサスナとのアウェーゲームをスコアレスで終えている。

関連