thumbnail こんにちは,
ライブ

親善試合

  • 2013年2月7日
  • • 4:30
  • • アムステルダム・アレナ, Amsterdam
  • 主審: C. カキール
  • • 観客: 45000
1
終了
1

イタリアがアディショナルタイム弾でオランダとドロー

イタリアがアディショナルタイム弾でオランダとドロー

PROSHOTS

ヴェッラッティが代表初得点で敗色濃厚のチームを救う

6日に行われた国際親善試合、オランダ対イタリアの一戦は1-1のドローに終わった。

フンテラール、スナイデルらビッグネーム不在のオランダの前線は、ファン・ペルシのほかにヨンやマヘルら若手が先発。一方のイタリアもバロテッリとエル・シャーラウィがスタメンに名を連ねた。

立ち上がりから主導権を握ったオランダは、17分に最初のチャンスをつくる。右サイドを突破すると、折り返しにマヘルが合わせるが、これはブッフォンの脚に阻まれた。だが、押し続けるオランダは、33分に先制する。クロスボールをヨンが落とすと、拾ったマヘルがシュート。これはDFにブロックされたが、こぼれ球を拾ったレンスが、トラップでDFをかわしてから左足で叩き込んだ。

イタリアは前半終盤になってようやく少しずつ押し返したが、チャンスないままに前半を終える。両チームは後半開始から2選手を交代。イタリアはピルロを下げて若手のフロレンツィを、オランダはファン・ペルシに代えてロッベンを投入した。

イタリアは後半も思うように攻められず、ロッベンが左サイドに入ったオランダに危険をつくられる場面も。57分には、バロテッリがタッチを割ったボールを蹴って看板にぶつけるなど苛立ちを見せた。プランデッリ監督は4分後、バロテッリをオスバルドと交代させる。スタンドからはバロテッリへのブーイングが飛んだ。

その後もチャンスをつくったのはオランダ。66分にストロートマンが惜しいミドルシュートを放つと、70分にもレンスの左足ミドルがブッフォンを襲う。79分にも、ロッベンがらしいドリブルから左足でシュートを放ったが、これもわずかにポストの横へとそれた。

前半同様に終盤になって押し返したイタリアだが、83分、88分とオスバルドのヘッドは枠をとらえず、90分にもディアマンティのパスからジラルディーノがチャンスを迎えるが、クルルに阻まれる。だが、このまま終わると思われたアディショナルタイム、途中出場のヴェッラッティがイタリアを救う。ジラルディーノとのワンツーでペナルティーエリア内に侵入し、左足でネットを揺らした。

敗色濃厚だったイタリアは、ヴェッラッティの代表初ゴールで国際親善試合での連敗が5でストップ。一方、オランダとしては勝ち試合で逃げ切れない、フラストレーションのたまる結果となった。

関連