プリメイラ・リーガ

ポルトガルで評価高める守田英正、現地識者が絶賛「パスの質が高く試合の理解力が抜群」

2021/04/27
プリメイラ・リーガ
サンタ・クララ
守田 英正
ベンフィカ vs サンタ・クララ
ベンフィカ
【欧州・海外サッカー ニュース】サンタ・クララのMF守田英正はポルトガルで評価を上げている。
広告
Show Player

サンタ・クララの日本代表MF守田英正がベンフィカ戦で高い評価を獲得している。

守田は1月にサンタ・クララへと加入すると、またたく間にチームに適応。第15節でデビューすると、以降はリーグ戦全試合でフル出場を記録している。26日の第29節ベンフィカ戦では守備的MFとして先発。チームは1-2と敗れたものの、強豪ベンフィカ相手に堂々たるパフォーマンスを披露した。

すると、ポルトガル『Canal 11』などでコメンタリーを務めるソフィア・オリヴェイラ氏がベンフィカ戦の守田を称賛。自身のツイッターでこのように述べている。

「エスタディオ・ダ・ルスでの守田の活躍は、日本人選手のクオリティーの高さを改めて証明している。私にとっては、フィールド上で最高の選手だった。パスの質が高く、ゲームの読みにも知性があるので、展開を一時停止させるときや加速させるときの理解力が抜群。他のレベルへ」

広告

欧州挑戦1年目から公式戦16試合に出場し、1ゴール2アシストと結果を残し続けている守田。現地ポルトガルでの評価は急激に高まっているようだ。