プレミアリーグ

リヴァプールがU-20イングランド代表10番を獲得…若手FWソランケがフリー移籍

2017/05/31
プレミアリーグ
リヴァプール
チェルシー育ちのFWソランケが今夏の移籍市場でリヴァプールの移籍することが決まった。同選手はU-20イングランド代表の10番を背負っていることでも知られる。
広告

Show Player

リヴァプールがU-20イングランド代表のドミニク・ソランケを獲得した。クラブが公式メディアで明らかにしている。

1997年生まれ、現在19歳のソランケはナイジェリアにルーツを持つイングランド人。幼少の頃からチェルシーの下部組織でプレーし、2014年にトップチームに昇格。その後15-16シーズンは経験を積むためにエールディヴィジのフィテッセにレンタル移籍を果たし、25試合7ゴールの成績を残した。

その後、チェルシーに復帰したものの、トップチームではリーグ戦出場歴がないまま今シーズン限りで契約満了に。リヴァプールは移籍金ゼロでソランケを獲得したことになる。

また、ソランケは現在韓国で行われているU-20ワールドカップのイングランド代表で10番を背負い、初戦のアルゼンチン戦ではPKキッカーを務めゴールもマーク。イングランドでもA代表デビューを推す声の多い逸材は、リヴァプールでどのような活躍を見せるのか、今後に注目が集まるところだ。 ●サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。