川崎Fが2戦合計3-1で鹿島撃破!初優勝に向け2年ぶりルヴァン杯決勝進出
2019_10_13_Kawasaki
(C)J.LEAGUE

JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦が13日に行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが県立カシマサッカースタジアムで対戦した。

台風19号の影響により、キックオフが15時から19時に変更されて行われた一戦。また、この試合では機材・スタッフの準備が困難なことからVARは使用されず、追加副審が急遽採用されている。

9日に行われた第1戦では、川崎Fがホームで3-1の勝利を飾った。巻き返しが求められる鹿島は、前線にFW上田綺世を配し、負傷者が続出している中盤にMF永木亮太とMF名古新太郎を起用。対する川崎Fは、FW小林悠、MF中村憲剛、DF車屋紳太郎らを送り出している。第1戦で復帰したMF大島僚太は引き続きベンチスタートとなった。

試合開始早々、攻める必要のある鹿島にアクシデントが発生する。スプリントしようとした犬飼智也が右脚を痛めた様子でピッチに座り込み、担架でピッチ外へ。プレー続行不能との判断で4分にチョン・スンヒョンとの交代を余儀なくされる。

Goal 50 発表- 世界最高の選手トップ50

立ち上がりこそ川崎Fが細かい連係から積極的に攻め立てるが、前半半ばごろから徐々に鹿島がギアをアップ。すると、22分には右サイドの永木がアーリークロスを送り上田が頭でネットを揺らしたが、オフサイドの判定となる。

その後も鹿島はボールを持ちつつ攻撃の糸口を探していくが、落ち着いて構える川崎Fをなかなか慌てさせることはできない。0-0で試合の折り返しを迎えた。

残りの45分間で最低2点が必要な鹿島はハーフタイム中に選手交代を敢行。中村充孝に代えて伊藤翔を送り出し、2トップの一角に入っていた土居聖真をトップ下に落とす。攻撃的な布陣を採用した鹿島はアタッキングサードまで侵入する回数を増やすが、川崎Fは最後の部分でやらせない。

川崎Fは57分に下田北斗に代えて大島を送り出し、流れを取り戻そうとする。すると、64分にボックス手前右の大島からパスを受けた小林が胸トラップでコントロールして右足を振り抜いたが、枠を捉えられない。鹿島は直後に3枚目のカードを切り、名古に代えてレアンドロに打開を託す。

しかし、後半半ばごろから川崎Fが主導権を握り鹿島は反撃に出ることができない。試合は、0-0のスコアのまま終了の笛を聞くこととなった。

結局、上手くコントロールした川崎Fが2戦合計1-3で鹿島を上回り2年ぶりに決勝進出。初優勝に向けて、ガンバ大阪を下した北海道コンサドーレ札幌と相まみえることとなった。

■試合結果
鹿島アントラーズ 0-0 川崎フロンターレ
※2戦合計1-3、川崎Fが決勝進出

■得点者
鹿島:なし
川崎F:

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

なし

 

コメント ()