昇格組の大分がアジア王者の鹿島を敵地で撃破! “開幕男”藤本憲明の2発で大金星
2019_2_23_ooita
(C)J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvs大分トリニータが県立カシマサッカースタジアムで行われた。

昨シーズン3位でフィニッシュした鹿島と、J2での2位から6年ぶりのJ1を戦う大分が相まみえた。鈴木優磨や三竿健斗を負傷で欠く大岩剛体制2年目の鹿島は、4-4-2の布陣で伊藤翔とセルジーニョが2トップを形成。一方、片野坂知宏体制4年目の大分は、3-4-2-1の布陣で、昨季のJ2全試合フル出場の鈴木義宜やタイ代表のティティパン、10番を背負う藤本憲明らが先発に名を連ねた。

アウェー戦となった大分だが、序盤からマイボールを大事にし、後方から丁寧にビルドアップしようとする姿勢を見せる。そんな中、その大分が11分に決定機を迎える。GK高木駿のロングボールから藤本が最終ライン裏に抜け出てGKクォン・スンテと一対一に。しかし、藤本のシュートはGKクォン・スンテのセーブに遭う。

それでも、大分は18分に先制する。相手のクリアを拾って二次攻撃を仕掛けると、バイタルエリアの小塚和季のパスをペナルティアーク付近の藤本が受ける。素早く仕掛けてシュートに持ち込むと、見事にコントロールされたボールがゴール左上に吸い込まれる。藤本の技あり弾により、大分が試合の均衡を崩す。なお藤本は、鹿児島に所属していた2017年にJ3で、また大分入りした2018年にはJ2の開幕節でそれぞれゴール。これでJ3、J2、J1と3年連続での開幕節ゴールとなった。

ハーフタイムにかけても、大分はボールポゼッションで優位に立つ。鹿島は両サイドバックも高い位置を取りにいくが、統制の取れた大分の守備をなかなか崩すことができず、ビハインドのままハーフタイムを迎えた。

迎えた後半、鹿島は立ち上がりに追いつくことに成功する。48分、ゴールから遠めの右サイドの位置でFKを獲得すると、永木亮太がゴール前にボールを供給。ヘディングで合わせた犬飼智也のシュートがゴール前に流れると、これを伊藤翔が押し込んで1-1とした。

迎えた後半も好勝負が展開されると、69分に勝ち越したのは大分だった。62分から途中出場したオナイウ阿道がGK高木からのロングキックで左サイドを抜け出す。最後は正面で好パスに反応した藤本が冷静にシュートを流し込み、大分が再びリードする。

その後、鹿島はリスクを冒して反撃に出るが、大分が粘り強い対応を続けて逃げ切り。藤本の2発で、昇格組の大分が敵地で昨季のAFCチャンピオンズリーグを制したアジア王者の鹿島を下すアップセットを演じた。

■試合結果
鹿島アントラーズ 1-2 大分トリニータ

■得点者
鹿島:伊藤翔(48分) 
大分:藤本憲明(18分、69分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores