札幌、2001年以来16年ぶりのJ1残留が決定!ジェイ2発で史上2度目の悲願成就/J1リーグ第32節
Getty Images
北海道コンサドーレ札幌が清水エスパルスを下し、J1残留を決めた。

■J1第32節 清水 0-2 札幌

清水:なし
札幌:ジェイ(11分、39分)

18日に明治安田生命J1リーグ第32節が行われ、北海道コンサドーレ札幌が清水エスパルスを2-0で下し、2001年以来16年ぶりの残留を決めた。

勝てば、他試合の結果に関係なく無条件で残留が決まる札幌は、この試合で前節から先発を2人変更。河合竜二を6試合ぶり、兵藤慎剛が3試合ぶりにスタメン入りを果たした。

前線はジェイを1トップに配置。4日の練習中に持病のてんかん発作を起こしたジェイだが、8日には全体練習に合流し、前日練習も全て消化。「残りの試合も全力でプレーしたい」と語っていたジェイは、10月に4ゴール・1アシストをマークし、J1月間MVPに輝くなど、今や札幌にとって欠かせない存在となっている。

そのイングランド出身のストライカーがこの試合で見せた。11分、石川直樹のクロスをファーサイドに走り込んでいたジェイが打点の髙いヘッド。これが決まり、札幌が先制点を獲得する。

さらに39分、チャナティップがドリブルを仕掛ける。PA左で守備に遭ってボールがこぼれてしまうが、これが福森晃斗の下へ。ボールを持った福森が冷静にパスを送ると、このパスにジェイが反応し、追加点。札幌が前半のうちに2点をリードする。

後半に入ると、清水が攻勢を強めるも、勝てば残留が決まる札幌も鉄壁の守備で応戦。結局、前半にリードを奪った札幌が、最後まで1点も許さず、清水に2-0で完勝。今季10勝目、勝ち点を37に伸ばし、降格圏の16位ヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は9に。2試合を残して悲願のJ1残留を決めた。札幌のJ1残留は2001年以来16年ぶり。クラブ史上2度目の残留となった。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

コメント ()