ウズベク、退場者出しながらもオマーンとの初戦に競り勝つ!日本は首位で第2戦へ
©Getty Images

アジアカップ2019は9日にグループFの第1節が開催。日本と同組のウズベキスタンがオマーンに2-1で勝利。初戦を白星スタートで飾った。

エジプト代表としてロシアW杯に出場した名将、エクトル・クーペル監督の下、新たなスタートを切ったウズベキスタン。オマーン戦のスターティングメンバーは、11人中9人がウズベキスタン国内でプレーする選手で固め、Jリーグでプレーするムサエフはベンチスタートとなった。

一方のオマーンは、イングランド・プレミアリーグで通算100試合以上に出場した英雄、GKアリ・アルハブシが負傷のためアジアカップを欠場することに。絶対的守護神を欠くなかで、初戦を迎えた。かつて大宮アルディージャや京都サンガF.C.で監督を務めたことがあるピム・ファーベークが指揮を執る。

先手を打ったのはウズベキスタンだった。32分、FKのチャンスにキッカーはアフメドフ。右足で放ったボールが右下隅に決まり、ウズベキスタンが先制に成功した。前半を1点リードで折り返したウズベキスタンだったが、後半にオマーンの反撃を受ける。

72分、オマーンはアルブサイディのパスを受けたアルガッサニが左サイドの難しい角度からシュートを決め、同点に。その後はオマーンが逆転ゴールを奪いに行く積極性を見せたが、追加点を奪ったのはウズベキスタンだった。85分、途中出場のショムロドフがボックス左から左隅にシュートを決めて勝ち越し。試合は終盤にウズベキスタンのクリメツが退場処分を受けたが、そのまま終了。2-1でウズベキスタンが勝利した。

これでグループFは、トルクメニスタンに3-2と競り勝った日本と、ウズベキスタンが勝ち点3で並んだが、総得点数で日本が単独首位に立った。2位にウズベキスタン、3位にオマーン、4位にトルクメニスタンが続いている。日本は次節、オマーンと対戦し、ウズベキスタンはトルクメニスタンと激突する。

■試合結果
ウズベキスタン 2-1 オマーン

■得点者
ウズベキスタン:アフメドフ(34分)ショムロドフ(85分)
オマーン:アルガッサニ(72分)

■グループF順位表
1 日本(3、1)
2 ウズベキスタン(3、1)
3 トルクメニスタン(0、-1)
4 オマーン(0、-1)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

コメント ()