C・ロナウドやS・ラモスらを温存したレアル・マドリー、静寂のベルナベウで勝利…今季の成否をかけたバイエルン戦へ/リーガ第35節
Real Madrid LaLiga Leganes 280418
Getty Images

■リーガ・エスパニョーラ第35節 レアル・マドリー 2−1 レガネス

レアル・マドリー:ベイル(8分)、マジョラル(45分)

レガネス:ブラサナク(66分)

28日のリーガエスパニョーラ第35節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレガネス戦に2−1で勝利した。

3日前にアウェーでのバイエルン・ミュンヘン戦に臨み、3日後にベルナベウでのバイエルン・ミュンヘン戦を控えるレアル・マドリー。今季の成否を懸けた2試合の中間にベルナベウに迎えるのは、コパ・デル・レイの準々決勝で敗退に追いやられ、CL三連覇だけにかけざるを得ない状況を生み出したレガネスである。

ジダン監督は次のバイエルン戦を見据えてローテーションを敢行した。セルヒオ・ラモス、ヴァラン、クリスティアーノ・ロナウドを招集外として、そしてファーストレグではベンチに置いたベイル&ベンゼマのほか、カセミロをセンターバックとして起用。GKカシージャ、DFアクラフ、バジェホ、カセミロ、テオ、MFベイル、マルコス・ジョレンテ、コバチッチ、セバジョス、FWマジョラル、ベンゼマと、あのコパ準々決勝と同様に普段控えの選手たちを中心としたメンバーで、4−4−2を採用している。

M・ジョレンテ、セバジョスらゲームメイクに長ける選手を中盤に揃えるレアル・マドリーは、序盤からボールを保持してレガネスを押し込む。そして8分には、先制点を獲得。ペナルティーエリア内左に入り込んだベンゼマのシュートがスライディングしたサルドゥアに当たり、そのルーズボールをベイルが押し込んだ。

幸先良く先制したレアル・マドリー。だがしかし、その後には実戦経験の少ないスタメンで、またS・ラモスのように強気に相手を止めることのできる選手が不在のため、レガネスにDFラインを押し下げられて失点の危機も迎えてしまう。25分にはFKからガブリエル・ペレスのヘディングシュートを放たれたが、これはわずかに枠外へ。また28分にはサルドゥアの折り返しからゲレーロのヒールシュートを許すも、こちらも枠を外れて難を逃れた。

同点に追いつかれる可能性も有り、冷や汗をかいたレアル・マドリーだったが、前半アディショナルタイムにリードを広げることに成功。コバチッチの折り返しを、ファーサイドのマジョラルが右足で押し込んだ。一度はオフサイドによってゴールは無効となったように見え、喜んでいたマドリーの面々は急いで自陣に戻ろうとした。が、その後にブスティンサがマジョラルのシュートの前に頭でボールに触れていたとして、結局ゴールは認められることに。レガネスの選手たちが線審に抗議をしたが、もちろん受け入れられなかった。

後半、レアル・マドリーは開始直後こそレガネスのボール保持を許すも、徐々にポゼッション率を上げて3点目を狙う。ジダン監督は62分に交代カードを切り、べンゼマ、コバチッチとの交代でアセンシオ、クロースをピッチに立たせた。だが、この交代の直後にレガネスが再び攻勢を見せて、66分に1点を返す。アムラバトがテオの緩慢なマークを振り切ってペナルティーエリアの深い位置まで侵入し、その折り返しからブラサナクがネットを揺らしている。

レアル・マドリーはその後も、レガネスに押し込められる状況が続く。85分を過ぎると、観客はもう興味がないことを表明するかのようにぞろぞろと家路につき、また残った観客は前線へとボールをつなげられない自チームにため息を漏らし続けた。結局、流れは終盤になっても変わらず、2−1のまま試合終了のホイッスル。レガネスはエル・サールがシュートを打とうとした瞬間にその笛を聞き、激しく抗議をしたガブリエル・ピレスが退場処分となって、後味悪くベルナベウを後にすることになった。

勝ち点12差で首位に立ち、あと勝ち点1で優勝を決められるバルセロナにレアル・マドリーが追いつく望みはほとんどない。が、少なくともバイエルンとのセカンドレグに向け、主力選手たちを温存することはできた。この試合、ベルナベウの観客は応援団席の掛け声に呼応することなく、ゴールの場面以外で限りなく静かだったが、水曜には沸騰した大釜のような、熱狂に包まれる夜が待っている。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ