ベルギー、史上最高成績の3位に!アザール弾などでイングランドに完勝/W杯3位決定戦
Getty

ロシア・ワールドカップ3位決定戦で14日、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。

グループリーグでも激突し、その時はベルギーが1-0で勝利した。しかし、ともに決勝トーナメント進出が決まっていた3戦目だったため、大きくメンバーを変更していただけに、あまり参考にはならない。それほど勝敗への重要性が低い3位決定戦で、互いがどのようなメンバーを送り出すか注目が集まっていたが、果たして…。

ベルギーはマルアン・フェライニではなく、若いユーリ・ティーレマンスを起用。しかし、基本的には大きなメンバー変更はなく、ほぼベストメンバーを並べた。

一方のイングランドは大幅に変更。若い選手を中心に、今大会あまり出番が訪れなかった選手を起用している。それでも、最前線のラヒーム・スターリングとハリー・ケインの2トップは健在だ。

試合は立ち上がり4分に動く。前線のロメル・ルカクにボールが入ると、左サイドのナセル・シャドリへスルーパス。シャドリがダイレクトで折り返すと、逆サイドからトーマス・ムニエが飛び込んで先制点をもたらす。

その後もベルギーが、縦に速く手数をかけない攻撃でゴールを脅かす。エデン・アザールの仕掛けやケヴィン・デ・ブライネのスルーパスなどからロメル・ルカクにチャンスが訪れるが、トラップミスでふいにしてしまう。

一方のイングランドはロングボールとセットプレー以外でなかなか好機を見いだせず。ゴールが遠い印象のまま前半の45分間を終える。

後半に入り、イングランドはジェシー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードという若く、走力のある選手を投入。打開を試みる。

すると若いエネルギッシュな力で、イングランドが盛り返し始める。ベルギーのカウンターを受けつつも、70分にはエリック・ダイアーがワンツーで抜け出してキーパーと1対1の決定機を迎える。ループシュートでキーパーを完全に外したが、トビー・アルデルヴァイレルトに間一髪のところでクリアされ、同点弾は生まれない。

しかし、ベルギーのカウンターの威力も計り知れない。ほぼダイレクトでゴールに迫ると、最後はムニエがダイレクトボレー。これはジョーダン・ピックフォードのビッグセーブで防がれるが、直後の82分についに追加点が生まれる。

アザールとデ・ブライネがコンビネーションで突破すると、最後はアザールが冷静にニアサイドに突き刺し、2点リードに広げる。

最後までイングランドは攻めるものの、ベルギーの牙城を崩すことはできず。グループリーグでの対戦に続き、ゴールを奪うことはできず、0-2で敗れた。

ベルギーは過去、4位が最高成績だったが、今大会で史上最高の成績を残し、黄金世代最後の戦いを終えた。一方のイングランドは1966年の優勝以来となる“表彰台”に上ることはかなわなかった。

■試合結果
ベルギー 2-0 イングランド
■得点者
ベルギー:ムニエ(4分)、アザール(82分)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

コメント ()