提供

試合経過

90' + 7'
ネイマール
ドウグラス コスタ
2 - 0
90' + 1'
フィリペ コウチーニョ
ガブリエウ ジェズス
1 - 0
84'
ジョニー アコスタ
イエローカード
81'
ネイマール
イエローカード
81'
フィリペ コウチーニョ
イエローカード

スタッツ

ポゼッション
71% 28%
10
3
枠外シュート
枠内シュート 10 0
パス 705 280
もっと見る
  • ヒートマップ
  • タッチエリア
ライブスコア
順位 チーム 得点 失点 +/- 勝点 調子
1 ブラジル BRA ブラジル 3 2 1 0 5 1 +4 7
2 スイス SUI スイス 3 1 2 0 5 4 +1 5
3 セルビア SRB セルビア 3 1 0 2 2 4 -2 3
4 コスタリカ CRC コスタリカ 3 0 1 2 2 5 -3 1

キー

8th Finals

テキスト速報

今大会初勝利を挙げたブラジルは、27日にモスクワで臨む最終節でセルビアと対戦。まだ勝ち点のないコスタリカは、同じ時間にニジニ・ノヴゴロドでスイスに挑む。
ブラジルが後半ロスタイムに2点以上を奪ったのは、ワールドカップではこれが初めて。
コスタリカはあれだけ猛攻を受けながらも集中を切らずに守り、守護神ナバスも好セーブを連発したものの、最後の最後で力尽きた。
後半76.6%のボールをキープしたブラジルは、ハーフタイム以降に15本のシュートを浴びせ、そのうち9本を枠内へ飛ばした。前半健闘したコスタリカだが、後半はシュートを1本も打てなかった。
再三、コスタリカゴールに迫りながらどうしてもネットを揺らせなかったブラジルが、後半アディショナルタイムに入ってから意地を見せ、一気に2ゴール。試合終了後に思わずピッチに座り込んで涙したネイマールの姿に象徴されるように、ブラジルは90分間、本当に苦しんだ。
90' + 9' ここで試合終了! ブラジル 2-0 コスタリカ
ネイマール
ゴール
90' + 7' ゴール! ブラジル 2-0 コスタリカ! 決めたのはネイマール!! ドリブルで持ち上がったカセミーロが右サイドへ展開。エリア内に入ったドウグラス・コスタが真横にクロスを入れると、エースのネイマールが左足で合わせてナバスを破った。
ドウグラス コスタ
アシスト
90' + 7' アシスト:ドウグラス・コスタ
90' + 6' ブラジルが右のCKを獲得。ドウグラス・コスタとネイマールがゆっくりとショートコーナー。ネイマールがテクニックを見せつける。
90' + 4' ようやく待望のゴールを奪ったブラジル、とにかくボールをキープ。
フェルナンジーニョ
ガブリエウ ジェズス
90' + 3' 交代(ブラジル):ガブリエウ・ジェズスOUT、フェルナンジーニョIN。時間を使いたいブラジルは、より守備的なフェルナンジーニョを入れる。
フィリペ コウチーニョ
ゴール
90' + 1' ゴール! ブラジル 1-0 コスタリカ! 決めたのはコウチーニョ!! マルセロが左サイドからクロス。これをエリア内のフィルミーノがヘッドで折り返すと、ガブリエウ・ジェズスが落としたボールにコウチーニョが駆け込み、右足のフィニッシュでゴール左側のネットを揺らした。
ガブリエウ ジェズス
アシスト
90' + 1' アシスト:ガブリエウ・ジェズス
90' + 1' 後半アディショナルタイムは6分!
90' 今度はパンチングした際にカセミーロと激突したGKナバスがピッチに倒れる。カイペルス主審が試合を止め、ドロップボールで再開。
89' ブラジルのポゼッションは70%を超えている。シュート数では17対3と圧倒。
88' 苛立ちを見せる選手たち。ネイマール、そしてマルセロと接触したコスタリカのアコスタとドゥアルテがピッチで倒れている。
87' ブラジルがたたみかけるように攻撃。今度はエリア右でドウグラス・コスタが落としたボールをカセミーロが打っていったが、これもナバスが確実にキャッチ。
ジョニー アコスタ
イエローカード
84' イエローカード(コスタリカ):アコスタが遅延行為で警告を受ける。
84' なんとしても勝ちたいブラジルと、負ければ敗退となってしまうコスタリカ。選手たちもピリピリしている。
イェルチン テヘダ
ダビド グスマン
83' 交代(コスタリカ):ダビド・グスマンOUT、イェルチン・テヘダIN。コスタリカのラミレス監督が切った2枚目のカードはテヘダ。
82' 試合は緊迫してきた。ブラジルの左からのシュートはナバスがパンチングでクリア。
フィリペ コウチーニョ
イエローカード
81' イエローカード(ブラジル):カイペルス主審に抗議したコウチーニョにもイエローカード。
ネイマール
イエローカード
81' イエローカード(ブラジル):ボールを叩きつけて判定に不服を示したネイマールに警告。
79' 今のシーンでPKを宣告したカイペルス主審がビデオを確認。映像をチェック後、自らの判定を覆し、ネイマールの反則とした。
78' ブラジル、中央でボールを受けたドウグラス・コスタ、ガブリエウ・ジェズスがつなぎ、エリア内左のネイマールへ。ネイマールはゴンサレスに寄せられ、シュートを打てない。
76' ブラジル、ドウグラス・コスタからパスを受けたネイマールが左サイドからエリアに入り込んでシュート。これはアコスタに当たってCKになる。
フランシスコ カルボ
クリスティアン ガンボア
75' 交代(コスタリカ):クリスティアン・ガンボアOUT、フランシスコ・カルボIN。攻守にわたって活躍したガンボアが下がり、DFカルボが入る。
73' コスタリカのアコスタ、グスマンが負傷。ピッチでメディカルスタッフの治療を受け、一旦ピッチの外へ。
72' 今度はコスタリカ、しぶとくボールを奪うが結局ブラジルに取られる。ペナルティーアーク付近でパスをカットしたネイマールが勢いのままシュート。しかしわずかにゴール右に外れてしまった!
71' ブラジルの攻撃が続く。右のCKから今度はカセミーロがヘッドで合わせるも、またしてもナバスが立ちはだかった。
70' ブラジルがまた一気に攻め上がり、ネイマールがオビエドと競り合って倒されるがファウルはなし。ブラジルがCKを獲得。
ロベルト フィルミーノ
パウリーニョ
68' 交代(ブラジル):パウリーニョOUT、ロベルト・フィルミーノIN。前線に上がりがちだったMFのパウリーニョを下げ、FWのフィルミーノを投入。
66' ブラジル、中央のコウチーニョから左でパスを受けたネイマールがすぐにゴール前へ。パウリーニョが飛び込んだが、DFのプレッシャーを受けていてうまくミートできなかった。
64' ブラジル、左サイドでマルセロが外を回っていたが、ネイマールが左のエリア手前から自らシュート。ナバスが弾き、すぐにキャッチした。
63' 中央でボールを持ったコスタリカのベネガス。しかしミランダが前に向かせない。
62' CKをしのいだブラジルは、ネイマールが一気に前線へ。右のドウグラス・コスタに横パスを送ったが惜しくも通らなかった。
60' コスタリカが右サイドでCKを獲得。キッカーはボラニョス。しかしゴール前で激しい小競り合い。低く入れたボールは、ニアで弾かれた。
58' 今度はブラジル。ドウグラス・コスタが左からエリアに侵入し、パウリーニョが落としたボールをコウチーニョが低く蹴り込んだが、またしてもナバスがキャッチ。
58' コスタリカの逆襲。代わって入ったばかりのボラニョスが右サイドを駆け上がるも、行く手を阻まれた。
56' ブラジルの波状攻撃が終わり、少し試合が落ち着いたかに思えたが、左サイド高い位置でボールを奪ったパウリーニョが、エリア端からクロス。ネイマールがシュートするもクロスバーの上にはじき出され、CKへ。
クリスティアン ボラーニョス
マルコス ウレーニャ
54' 交代(コスタリカ):マルコ・ウレーニャOUT、クリスティアン・ボラニョスIN。ワントップのウレーニャを下げ、ベテランのボラニョスを投入。
53' コスタリカが決死の守備でピンチをしのぐ。
51' ブラジル、再び左サイドでCK獲得。ネイマールが入れたボールはコスタリカが大きくクリア。
50' ブラジルに再びビッグチャンス!エリア右のほぼ同じ位置から入れたボールに今度はガブリエウ・ジェズスがヘッドで合わせたが、クロスバーを直撃。
48' ブラジルにビッグチャンス! 左から右に展開し、最後はエリア内右角からファグネルがゴール前へクロス。ネイマールが足に合わせたが、ナバスが勇敢にキャッチ。
47' 先にカードを切ってきたブラジル。コスタリカのほうにハーフタイムでの選手交代はなし。
ドウグラス コスタ
ウィリアン
46' 交代(ブラジル):ウィリアンOUT、ドウグラス・コスタIN。ブラジルのチッチ監督、レフティーのドウグラス・コスタを後半頭から投入。
46' ブラジルボールで後半スタート!
コスタリアは前半半ばにいい時間帯をつくったものの、本大会で5戦連続前半ノーゴール。
前半のポゼッションはブラジルが67.3%と圧倒。シュート数でも7対3と上回った。前半の枠内シュートは、ブラジルのマルセロが41分に放った1本のみ。
ゆっくりと試合に入ったブラジルが徐々に圧力を強めていき、怒涛の攻撃を見せたものの、コスタリカゴールをこじ開けることはできなかった。5バックで守るコスタリカも激しい寄せでインターセプトを狙い、速攻で可能性を示した。
45' + 2' 前半終了! ブラジル 0-0 コスタリカ
45' + 2' コスタリカ、前半最後のチャンス。右のエリア外からFKを放り込むが、これは誰も競れずに逆サイドへ。
45' + 2' 前半アディショナルタイムは1分。
45' + 1' ネイマールが左サイドでドリブル突破を図り、ベネガスに倒されるがファウルはなし。
44' コスタリカは要所要所で激しくプレスしてボールを奪うが、次のパスが続かない。
43' コスタリカが必死でボールを追うなか、右サイドを駆け上がったパウリーニョがクロスを入れるが、ボールはゴール前を横切っていった。
41' 左サイド、エリア手前から中央に切れ込んだマルセロが、右足でシュート。しかしこれはクラブでのチームメート、GKナバスに抑えられた。
39' ブラジルが右サイドでこの試合初めてのCKを獲得。蹴るのはウィリアン。ペナルティーエリア内でパウリーニョが倒されたが、カイペルス主審はすぐに立ち上がるよう指示。
39' ブラジルは攻撃の半分以上をマルセロ、コウチーニョの絡む左サイドが占める。コスタリカはガンボアのオーバーラップを中心に、右サイドからの攻撃が多い。
38' コスタリカが自陣左の深い位置からスローイン。ハーフウェーラインを越えたところでウレーニャがチアゴ・シウヴァを倒してしまう。
35' 今度はコスタリカが敵陣へ。しかしブラジルがパスカット。コスタリカ陣地の高い位置でゆっくりパスを回すが、ゴールを脅かすには至らない。
33' ブラジルの波状攻撃。中盤でパウリーニョがボールを奪い、素早いパス交換からネイマールへ。フェイントで1人を倒したネイマールが逆サイドに折り返したが、ガブリエウ・ジェズスには届かず、DFにクリアされた。
31' 勢いづくブラジル、ネイマールが再び左でボールをキープし、マルセロからボールを受け取ったコウチーニョが右足でシュート! これは惜しくもクロスバーを越えた。
29' ブラジルに再びチャンス!裏のスペースに抜け出したネイマールがゴール左の至近距離から狙うも、GKナバスがブロック!
26' ブラジル、右サイドでマルセロが持ち上がり、弾かれたボールをマルセロがシュート。再び跳ね返ったボールをガブリエウ・ジェズスが狙い、ネットを揺らしたが、これはオフサイドだった。
26' ポゼッションはここまでブラジルが64%と優勢。しかしシュート数ではコスタリカが3対1と上回る。
25' ブラジル、左サイドのスローインからネイマールが大きく放り込むも、これも誰にも合わずゴール右に流れた。
22' 相手をかわそうとしたブラジルのガブリエウ・ジェズスが、右サイドのゴールから30メートルほどの位置でFKをもらう。逆サイドに放り込んだボールにチアゴ・シウヴァが合わせたが、これはゴール左へ。
20' コスタリカは奪ってからの攻守の切り替えが素早い。ブラジルは足元でパスを受けている印象。
18' 左サイドで1人かわしたネイマールが突っ込んでいき、再びFKをもらう。逆サイドのミランダを狙って大きく放り込むも、これはナバスががっちりキャッチ。
17' ネイマールが蹴ったボールはコスタリカのDFがヘッドでクリア。
17' コスタリカの波状攻撃をしのいだブラジル、今度は左サイドの20メートルほどの位置でFKを獲得。
16' 徐々にコスタリカが敵陣深い位置まで入っていけるようになってきた。しかしグスマンがネイマールと激突し、FKを与えてしまった。
14' コスタリカにビッグチャンス! ガンボアが右サイドを猛スピードで持ち上がり、ライン際からマイナスにクロス。中でボルヘスが合わせたがシュートはゴール左に外れた。
13' 止血を終えたカセミーロ、すぐにピッチに戻ってきた。
12' ブラジルのカセミーロ、鼻血が出たようで自らピッチの外へ。治療中、ブラジルは10人で戦う。
10' 蹴るのはネイマール。ゴール前での空中戦には勝てず。こぼれ球を拾ったコウチーニョもシュートは打てない。
8' ブラジルが再びボールを回すが、突破口が見つからない。一度はクリアされたボールを奪ってエリアまで入り込んだものの、シュートには行けず、エリア右手前でFKを獲得。
6' コスタリカが右サイド、さらに左サイドを使って高い位置までボールを運ぶ。中央右の遠めからガンボアが思い切ってシュートを打つも、これはGKアリソンを脅かすには至らない。
5' 自陣でボールを奪ったコスタリカが速攻を開始。一気に会場が沸いたが、チアゴ・シウヴァに処理された。
4' チアゴ・シウヴァが前に送ったボールを右サイドからウィリアンがつなぎ、最後はエリア手前からコウチーニョが最初のシュート。クロスバーを大きく越えた。
3' ブラジルがゆっくりパスを回しながら敵陣での道筋を探す。
2' 今日は青のユニフォームで戦うブラジル、キャプテンはチアゴ・シウヴァ、白のコスタリカはルイス。
1' コスタリカボールのキックオフで試合開始!
ブラジルもコスタリカも初戦からスタメンを1人入れ替えてきた。
コスタリカのスタメン(5-4-1):ケイロル・ナバス - クリスティアン・ガンボア、オスカル・ドゥアルテ、ジャンカルロ・ゴンサレス、ジョニー・アコスタ、ブライアン・オビエド - ブライアン・ルイス、セルソ・ボルヘス、ダビド・グスマン、ヨハン・ベネガス - マルコ・ウレーニャ
ブラジルのスタメン(4-3-3):アリソン - ファグネル、チアゴ・シウヴァ、ミランダ、マルセロ - パウリーニョ、カセミーロ、フィリペ・コウチーニョ - ウィリアン、ガブリエウ・ジェズス、ネイマール
ブラジルは今大会で初めて許した枠内シュートで失点。コスタリカは本大会で放った最近31本のシュートで1点しか奪えていない。
ブラジルのネイマールは、スイス戦の被ファウル数が10だった。ワールドカップでこれより多くファウルを受けた選手は、1998年大会のイングランドのアラン・シアラー(チュニジア戦、11回)までさかのぼる。
ワールドカップでの対戦は3回目。1990年大会は1-0、2002年大会は5-2でブラジルが勝利している。
ブラジルとコスタリカの対戦は、これが11回目。これまではブラジルの9勝1敗で、コスタリカが勝ったのは1960年3月の親善試合のみ。
ブラジルはスイスとの初戦を1-1の引き分けで終えた。一方、コスタリカはセルビアに0-1で敗れており、グループEで唯一まだ勝ち点がない。
2018ワールドカップ ロシア・グループE第2節、ブラジル vs コスタリカのライブテキスト速報へようこそ。