リヴァプールが開幕5連勝! ホームで敗戦のトッテナムは2連敗/プレミアリーグ第5節
最終更新
プレミアリーグ第5節、トッテナムvsリヴァプールが15日に開催された。

プレミアリーグ第5節のトッテナム対リヴァプールが15日に開催された。

前節でワトフォードに敗れて連勝が3試合でストップしたトッテナムと、開幕4連勝スタートのリヴァプールが対戦。トッテナムは前節からダビンソン・サンチェスとベン・デイビス、負傷のデレ・アリに代えてローズ、ウィンクス、ダイアーを起用する。一方、リヴァプールのクロップ監督は2-1で勝利した前節のレスター・シティ戦からヘンダーソンに代えてナビ・ケイタを起用する1点を変更した。

試合は、序盤から両者ともに球際に厳しくいき、一進一退の攻防となる。そんな中、最初に決定機を迎えたのは、相手のミスを突いたリヴァプールだった。22分、ダイアーが自陣で中途半端なバックパスをすると、これにサラーが反応。相手センターバックコンビの間でボールにタッチすると、そのまま枠内シュートに持ち込む。しかし、これはコースが甘く、GKフォルムにセーブされた。

ハーフタイムにかけては徐々にリヴァプールがペースを握り始める。すると、リヴァプールが39分に試合の均衡を破った。ミルナーの左CKに対応したGKフォルムがパンチングするもクリアしきれず、このボールをゴール前のアルデルヴァイレルトが跳ね返す。そのボールをそのままヘディングしたワイナルドゥムのシュートがラインを越え、リヴァプールが先手を取った。

迎えた後半も好勝負が展開される。50分にはリヴァプールが追加点に迫る。敵陣でムサ・デンベレからボールを奪うと、サラーからパスを受けたボックス内正面のマネが反転シュート。しかし、これはGKフォルムにセーブされる。

一方のトッテナムは51分、左サイドから鋭い仕掛けを見せたルーカス・モウラがカットインからシュートを放つ。ニアサイドを狙った鋭いシュートは、左ポストの外側に弾かれ、同点弾とはならない。

すると、次にスコアを動かしたのはまたしてもリヴァプールだった。54分、左サイドで仕掛けたマネがボックス左奥まで進入して折り返しのボールを入れる。トッテナム守備陣がクリアしきれなかったところを見逃さなかったフィルミーノが押し込み、スコアを2-0とした。

その後は、ボールを保持して能動的に仕掛けるトッテナムに対して、リヴァプールは効率よくカウンターで追加点を狙う。トッテナムは85分、途中出場のラメラがバイタルエリアで仕掛けると、ペナルティアーク付近でシュート。しかし、これはわずかに枠の右にはずれる。

その後、アディショナルタイムにはCKからラメラに一矢報いられたリヴァプールだが、そのまま逃げ切り。リヴァプールが開幕5連勝を達成した一方、トッテナムは前節に続く連敗を喫した。

■試合結果
トッテナム 1-2 リヴァプール 

■得点者
トッテナム:ラメラ(90+3分)
リヴァプール: ワイナルドゥム(39分)、フィルミーノ(54分)

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

コメント ()