ニュース ライブスコア

2017/04/27 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 対 レアル・マドリー のマッチレポート

終了
2 - 6
DEP
RMA
フロラン アンドーネ (35)
ホセル (84)
アルバロ モラタ (1)
ハメス ロドリゲス (14)
ルーカス バスケス (44)
ハメス ロドリゲス (66)
イスコ (77)
カゼミーロ (87)
Estadio Abanca-Riazor
レアル・マドリー、クラシコ敗戦の影響を感じさせずデポルに大勝! イスコがその魔法でチームを引っ張る/リーガ第34節
6:27 JST 2017/04/27
Isco Alarcon Deportivo Coruna Real Madrid LaLiga 26042017
かつて呪われたスタジアムと称されたリアソールでゴールラッシュ。ハメスは2得点を記録。

■リーガエスパニョーラ第34節 デポルティボ 2-6 レアル・マドリー

■得点者

デポルティボ:アンドネ(35分)、ホセル(84分)

レアル・マドリー:モラタ(1分)、ハメス(14分、66分)、ルーカス・バスケス(44分)、イスコ(77分)、カセミロ(87分)

26日のリーガエスパニョーラ第34節、レアル・マドリーは敵地リアソールでのデポルティボ戦で6−2の大勝を飾った。

先週末のクラシコを最後の1分で、メッシの劇的弾で落としたレアル・マドリー。本拠地サンティアゴ・ベルナベウでクラシコを落とした過去20試合の成績は8勝6分け5敗だが、今回はどのようなリアクションを見せるのかに注目が集まる。今回の“敗戦後”の舞台は、ジダン監督が現役時代にプレーした4試合で1度も勝てないなど(1分け3敗)、かつてレアル・マドリーにとって呪いのスタジアムと称されていたリアソールである。

ジダン監督は再び負傷したベイル、出場停止のセルヒオ・ラモスのほか、クリスティアーノ・ロナウド、クロースを招集外に。GKカシージャ、DFダニーロ、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFコバチッチ、ルーカス・バスケス、ハメス、イスコ、アセンシオ、モラタがスタメンと、休ませられる主力には休みを与えた。

クラシコ敗戦の反動、または出場機会が限られる選手たちの意地か、レアル・マドリーは序盤にデポルティボを圧倒。先制点を決めたのは、キックオフからわずか52秒後のことだった。イスコのアウトサイドのスルーパスからモラタがペナルティーエリア内右に侵入。ゴールエリア角から右足を振り、GKルクスを破った。モラタは今季のリーガ12得点目。またレアル・マドリーにとって52秒での得点は、2008年にファン・ニステルローイ氏が記録した34秒でのゴール以降では、アウェー戦最速となる。

モラタの的確な“早撃ち”によってリードを得たレアル・マドリーは、その後も試合に入り切れないデポルを圧迫し続け、今度はハメスが得点。14分、ピッチ中央のコバチッチ、ハメス、右サイドのL・バスケスとボールをつなぎ、L・バスケスがグラウンダーのクロスを送ると、そこに詰めていたハメスが左足アウトサイドでボールを押し込んだ。

一気に2点差としたレアル・マドリー。ジダン監督はこの試合の前日会見で、クラシコの教訓として「試合を決するために必要なのは、もっとゴールを決めること」と説いていたが、しかし3点のリードをなかなか得られずにいると、デポルに1点差に詰め寄られた。35分、クロスを受けたカクタの、おそらくシュートと思われるボールが、奇しくもフリーとなっていたアンドネへの横パスに。背番号10がこのボールをしっかりと枠内に収めて、リアソールの歓喜を呼び起こしている。

立ち上がりの勢いを失ったレアル・マドリーだったが、それでもイスコの魔法のような個人技を生かして、前半終了間際に再びリードを2点とする。44分、イスコがペナルティーエリア手前までボールを持ち込み、ルーレットによって執拗なマークを引き剥がしてから左サイドのマルセロにスルーパス。マルセロの折り返しから、L・バスケスがネットを揺らした。

後半、デポルティボの守備を崩し切ることに苦労を強いられたレアル・マドリーだが、66分に再度イスコを起点として、ついにリードを3点に広げた。中盤でボールを持ったイスコの絶妙なタイミング・精度のスルーパスによって、モラタが最終ラインを突破。モラタは飛び出したルクスをかわしてからマイナスのクロスを送り、ハメスがこの試合2点目を決めた。レアル・マドリーはさらに77分、L・バスケスの折り返しから、イスコが今度は得点を記録してスコアを5−1としている。

ジダン監督は79分に交代カードを切り、アセンシオ、イスコとの交代でマリアーノ、カセミロを投入。84分には自クラブの下部組織に在籍していたホセルに1点を返されたものの、87分にカセミロがグラウンダーのミドルを突き刺して6点目。その後も貪欲にゴールを狙いながら、試合終了のホイッスルを迎えている。2試合ぶりに勝利を取り戻したレアル・マドリー(1試合未消化)は、同日にオサスナを下した首位バルセロナと勝ち点78で並び、当該対決の成績で2位につけている。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。